日本相撲協会は29日、東京・両国国技館で大相撲九州場所(11月14日初日・福岡国際センター)の番付編成会議を開き、東洋大出身の寺沢改め朝乃若(26)=本名寺沢樹、新潟県出身、高砂部屋=と平戸海(21)=本名坂口雄貴、長崎県出身、境川部屋=の新十両昇進を決めた。

 再十両は1人だけで荒篤山(27)=本名寺井ジャスパーケネス、神奈川県出身、荒汐部屋=が2場所ぶりに復帰した。

 元幕内磋牙司、元十両竜虎ら13人の引退も発表された。