【北京共同】フィギュアスケートの北京冬季五輪テスト大会を兼ねたアジアンオープントロフィー最終日は15日、北京の首都体育館で行われ、男子は18歳の鍵山優真が前日のショートプログラム(SP)に続いてフリーも1位の179.98点をマークし、合計277.78点で優勝した。

 17歳の佐藤駿がSP、フリーともに2位の256.16点で2位、金博洋(中国)が3位。

 女子はSP2位の三原舞依がミスを最小限に抑えてフリー1位の135.75点を出し、合計203.58点で逆転優勝。SP1位の坂本花織はジャンプが乱れてフリー2位となり、202.28点で2位だった。