オリックスが八回に追い付き、引き分けた。0―1のこの回、2四球による2死一、二塁からモヤが同点打。山本は6回1失点だった。日本ハムは六回にR・ロドリゲスが先制打を放ち、バーヘイゲンが好投したが、堀が誤算だった。