フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズを放映するテレビ朝日は18日、シリーズ開幕前に出場する日本のトップ選手のコメントを発表し、男子の羽生結弦(ANA)は「一番の目標は4回転半(ジャンプ)を成功させたいということ。そこに向かって今、全神経と、全気力を使っている感じです」と抱負を述べた。

 北京冬季五輪シーズンのGPシリーズで羽生は第4戦のNHK杯(11月12、13日・東京)と第6戦のロシア杯に臨む。

 第1戦のスケートアメリカとNHK杯にエントリーする宇野昌磨は「挑戦する立場でいたい。全てを出し切れば結果はついてくると思う」。