日本体操協会は20日、体操の世界選手権で女子の畠田瞳(セントラルスポーツ)が21日の女子個人総合決勝を棄権したと発表した。20日に段違い平行棒の練習中、離れ技で落下して首を損傷し、病院で磁気共鳴画像装置(MRI)検査を受けた結果「中心性脊髄損傷・頸椎打撲傷」と診断された。現在、入院しているという。

 今夏の東京五輪にも出場した21歳の畠田瞳は18日に予選に臨み、個人総合で4種目合計53.798点の4位で通過していた。