スピードスケート・ショートトラックの北京冬季五輪テスト大会を兼ねたワールドカップ(W杯)第1戦は22日、北京の首都体育館で行われ、1000メートルで男子の吉永一貴(トヨタ・中京大)と女子の菊池悠希(ANA)が24日の準々決勝に進出した。

 男子5000メートルリレーの日本は予選2組で失格。女子3000メートルリレーの日本は予選3組3着で準決勝に進めなかった。(共同)