バスケットボール女子のWリーグは22日、東京・大田区総合体育館で1試合が行われ、富士通が東京羽田に76―48で快勝し、白星スタートを切った。

 富士通は東京五輪で銀メダルに輝いた日本代表ガードの町田を起点に序盤から多彩に攻め、前半で32―24とリード。後半はオコエの力強いドライブなどから加点し、主導権を手放さなかった。