ラグビー日本代表は23日、秋シーズン最初のテストマッチとして昭和電工ドーム大分で世界ランキング3位のオーストラリア代表と対戦し、23―32で敗れた。対戦成績は6戦全敗となった。

 日本は前半、20分すぎまでに2トライを許したが、26分にWTBレメキ(東葛)がトライを奪うなど反撃し、13―17で折り返した。後半はCTB中村(東京SG)がパスをインターセプトしてトライし、途中出場のSO田村(横浜)のPGで4点差に迫ったが届かなかった。

 日本が国内でテストマッチを開催するのは2019年ワールドカップ(W杯)日本大会以来。