明治安田J1第33節第2日(23日・レモンガススタジアム平塚ほか=5試合)湘南は山田らのゴールで横浜FCに2―1で逆転勝ちし、勝ち点31でJ1残留圏の16位に浮上した。7試合ぶりの白星で、9月に就任した山口監督は初勝利。

 仙台は関口の今季初ゴールなどで広島を2―0で破った。5試合ぶりの勝利で勝ち点26とし、同25の横浜FCをかわして最下位を脱した。徳島―大分は1―1で引き分け、勝ち点は徳島が30、大分が28。

 鹿島はFC東京に2―1で競り勝ち、G大阪は1―0で鳥栖を破った。