バドミントンのデンマーク・オープン最終日は24日、デンマークのオーデンセで各種目の決勝が行われ、女子シングルスで山口茜(再春館製薬所)、混合ダブルスで東京五輪銅メダルの渡辺勇大、東野有紗組(日本ユニシス)、男子ダブルスの保木卓朗、小林優吾組(トナミ運輸)が優勝した。男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)は準優勝だった。今大会は東京五輪後初の個人戦。

 世界ランキング5位の山口は同8位の安洗塋(韓国)と対戦し、第3ゲーム途中で相手が棄権した。