米プロバスケットボールNBA下部Gリーグでマーベリックス傘下のレジェンズに復帰した馬場雄大が25日、オンラインで取材に応じ「Gリーグでプレーするのは光栄でもあるが、歯がゆい。今年は勝負。最高の準備をしてきた」と抱負を述べた。

 NBA入りを狙う25歳の馬場は東京五輪後に渡米し、個人練習などに励んだ。昨季はオーストラリアのユナイテッドに在籍したが「NBAに一番近いところでプレーしたい」と米国を戦いの場に選び、2季前に在籍したレジェンズに復帰した。

 2019年から海外挑戦を続け、3点シュートや守備でアピールしてきた。今季は平均2桁得点を目標に掲げた。