【ソルトレークシティー共同】スピードスケートのW杯第3戦は5日、米ソルトレークシティーで行われ、女子1500mで高木美帆が開幕から3連勝とした。3季前に出した世界記録まで0秒16に迫る1分49秒99をマーク。佐藤綾乃も1分51秒46で2位と健闘した。

 男子500mは21歳の森重航が33秒99で初優勝を果たした。松井大和が4位。村上右磨は7位、同走者の転倒があった新浜立也は8位だった。森重は、33秒79の日本記録を持つ新浜に次いで日本勢2人目の33秒台となった。

 男子団体追い抜きでウイリアムソン師円、土屋陸、一戸誠太郎の日本は序盤で土屋が転倒し棄権した。