カーリング混合ダブルスの北京冬季五輪最終予選第4日は8日、オランダのレーワルデンで行われ、日本の松村千秋(中部電力)谷田康真(コンサドーレ)組は1次リーグB組最終戦でフィンランドに8―9で敗れ、この種目で初の五輪出場を逃した。2勝4敗の同組6位となり、プレーオフに進める3位までに入れなかった。

 第2エンドまでに5点リードしたが、7―2で迎えた第5エンドから2連続3失点して一気に流れを失い、同点の最終第8エンドで1失点して競り負けた。(共同)