フィギュアスケートの四大陸選手権第3日は22日、タリンで行われ、女子は三原舞依(シスメックス)がショートプログラム(SP)に続いてフリーもトップの145.41点をマークし、自己ベストの合計218.03点で2017年大会以来2度目の優勝を果たした。

 SP8位の松生理乃(愛知・中京大中京高)がフリー3位の142.05点と巻き返し、自己ベストの合計202.21点で5位。SP12位の横井ゆは菜(中京大)がフリー6位の131.41点を出し、合計185.34点で7位だった。(共同)