フィギュアスケートの四大陸選手権最終日は23日、タリンで行われ、男子フリーでショートプログラム(SP)2位の友野一希(セントラルスポーツ)がフリーも2位の171.89点をマークし、自己ベストの合計268.99点で2位となった。車俊煥(韓国)が初優勝した。

 SP3位で16歳の三浦佳生(東京・目黒日大高)がフリー3位の162.70点を出し、合計251.07点で3位に入った。SP5位の三宅星南(関大)はフリー4位の160.35点で、自己ベストの合計240.02点で4位だった。(共同)