ヤクルトの高津臣吾監督と村上宗隆内野手が30日、東京都港区のヤクルト本社で根岸孝成オーナーにシーズン終了を報告した。今季は2年連続のセ・リーグ優勝を果たしたが、日本シリーズ2連覇はわずかに届かなかった。高津監督は「最後は少し足りなかったが、素晴らしいシーズンになった。またリーグ3連覇に向かって立ち向かっていく」と表情を引き締めた。

 オーナー報告後は約150人の社員の前で花束を受け取り、写真撮影に笑顔で応じた。史上最年少の三冠王に輝いてチームをけん引した村上は「よくやってくれたという話をしてもらった。こうして報告できるのは頑張ったかいがある」とうなずいた。