【ドーハ共同】サッカーの日本代表は1日、ワールドカップ(W杯)カタール大会1次リーグE組最終戦でスペインと対戦。11月30日の最終調整では冒頭以外の大半を非公開として戦術を確認した。初戦のドイツ戦で決勝点を決めた浅野拓磨(ボーフム)は世界ランキング7位の強豪との対戦に「喜びを感じて全力でぶつかりたい」と意気込んだ。

 W杯で優勝経験のあるドイツ、スペインの両国が入ったE組は、日本が出場した過去6大会と比べても最も厳しいとみられた。日本は、ドイツに2―1の逆転勝利を収めたが、コスタリカに0―1で敗れ、決勝トーナメント進出の行方は最終戦に持ち越されていた。