【ベルリン共同】サッカー・ワールドカップ(W杯)で、日本と同じE組でコスタリカに勝利したものの1次リーグ敗退が決まったドイツでは1日、地元メディアが「日本がドイツをW杯から追い出した」「スペインとドイツを震撼させた日本」など、日本のスペイン戦勝利の衝撃を伝えた。

 前回ロシア大会に続く1次リーグ敗退のドイツ代表に対し、有力誌シュピーゲルは「ドイツのW杯史上、最悪な失敗だ」と酷評した。

 南ドイツ新聞は、スペインがブラジルとの対戦回避のためE組2位通過を狙っていたといううわさもあったとし、「本当にそうだとしたら、迫真の演技を見せてくれた」と皮肉まじりに伝えた。