【ドーハ共同】サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会で、日本は決勝トーナメント1回戦で敗退した。クロアチアとの激闘から一夜明けた6日、ドーハで取材に応じ、森保一監督は「ドーハを歓喜の地に変えられたと思う。選手は素晴らしい景色を見せてくれた」と、1次リーグE組でドイツやスペインから金星を挙げた大会を振り返った。

 目標に掲げてきた初の8強進出は逃したものの、日本サッカー協会から続投を要請される可能性がある。「現実的な話はしていない」と明言は避けたものの「代表監督をやらせてもらい、すごく成長につながった。貢献したいという思いはある」と語った。