日本バレーボール協会は14日、女子日本代表のパリ五輪出場が確定していたと発表した。国際バレーボール連盟から通知を受けた。

 13日時点では、同日のネーションズリーグ福岡大会(北九州市西日本総合展示場)1次リーグ、カナダ戦に勝った場合のみ五輪出場が決まるとしていた。日本はカナダに2―3で敗れたが、残り2試合に敗れても世界ランキングによる出場権獲得圏内に入ることが判明した。

 五輪出場枠は残り五つで、1次リーグ終了後の17日付世界ランクで正式に決まる。日本は6大会連続14度目の出場となる。パリでは1次リーグ敗退に終わった2021年の東京五輪からの巻き返しを狙う。