大相撲夏場所で初優勝した小結大の里ら幕内力士5人が16日、名古屋場所(7月14日初日)の会場となるドルフィンズアリーナで行われたイベントに参加した。今年の名古屋場所は同アリーナで最後の開催となる。笑顔でファンと交流した大の里は「すごく楽しかった。来月、ここでしっかりと頑張りたい」と決意を新たにした。

 同アリーナを本拠地とするバスケットボールBリーグ1部(B1)の名古屋Dの選手たちとの合同イベント。約3千人が詰めかけ、フリースロー対決などで盛り上がった。

 昨年夏場所に幕下10枚目格付け出しで初土俵を踏んだ大の里は、デビュー2場所目となった昨年の名古屋場所で新十両昇進を決めた。