女子テニスの世界ランキング3位で、ベラルーシ出身のアリーナ・サバレンカが17日、今夏のパリ五輪を欠場することを表明した。ツアー大会が行われているベルリンで「健康を優先する決断をした」と述べた。

 今年の全豪オープンを制したサバレンカは、胃の不調があったという全仏オープンでは準々決勝で敗退した。(共同)