第106回全国高校野球選手権大会の出場49校を決める地方大会が22日、全国に先駆けて沖縄と南北の北海道で開幕した。

 沖縄大会は、那覇市の沖縄セルラースタジアム那覇で開会式が行われ、3球場で1回戦6試合を実施。北北海道大会は十勝地区など、南北海道大会は函館地区などで1回戦を行う。

 順調に日程を消化すれば、7月19日に秋田で最初の代表校が決まり、29日に全代表校が出そろう。

 第106回全国選手権大会は、8月7日に兵庫県西宮市の甲子園球場で開幕する。