パリ五輪の開幕を前に、日本サッカー協会の山本昌邦ナショナルチームダイレクターと佐々木則夫女子委員長は9日、和歌山県田辺市の世界遺産・熊野本宮大社を参拝し、日本代表チームの必勝を祈願した。山本氏は「頂点を目指すからこそ得られる成長がある」と力強く語った。

 佐々木委員長は「なでしこは金メダルを目指す。ぜひ応援を」と呼びかけ。山本氏は「常に挑戦し続けなければならない。チームが最大限成長するためにメダルを目指す」と力を込めた。

 協会のシンボルマークが熊野地方で神の使いとされる「八咫烏」であることから、W杯や五輪開催のたびに協会関係者が訪れている。