玄海原発4号機が発送電開始 九電、30日にフル稼働

玄海原発4号機が発送電開始 九電、30日にフル稼働

 九州電力は19日、約6年半ぶりに再稼働した玄海原発4号機(佐賀県玄海町)が発電と送電を始めたと明らかにした。フル稼働は30日の見通し。今後は原子炉の試験運転を続けながら、原子力規制委員会の最終検査を受け、7月中旬にも営業運転へ復帰する。

 九電は当初、発送電開始を20日と見込んでいたが、準備作業を早く終えたため、1日前倒しにした。4号機では5月に1次冷却水を循環させるポンプで不具合が発生。16日に予定よりも約3週間遅れて再稼働し、同日深夜に臨界に達した。


共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索