米の温室ガス削減目標は困難に 民間調査会社が分析

 【ワシントン共同】米民間調査会社ロジウム・グループは28日、2025年の米国の温室効果ガス排出削減は05年比で12〜20%にとどまるとの分析を発表した。米国のオバマ前政権がパリ協定で約束した「05年比で26〜28%削減」の目標は達成困難としている。

 原因はトランプ米政権の温暖化対策の後退。パリ協定から離脱を表明し、削減目標も見直す構えで、発電所からの二酸化炭素(CO2)排出規制の撤廃や、自動車の燃費基準の緩和など、化石燃料の使用を増やす政策を打ち出しつつある。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索