衛生基準守らず運営か、豚コレラ 発生の岐阜市畜産センター公園

 豚コレラが発生した岐阜市畜産センター公園が、国が定めた飼養衛生管理基準を守っていなかった疑いがあることが20日、農林水産省の調査チームの調べで分かった。重機や長靴が適切に管理されておらず、感染拡大につながった可能性がある。

 センターは公園エリアと畜産エリアに分かれている。9月に豚コレラの陽性反応が出た2頭の野生イノシシが公園エリアで死んでいるのが見つかり、その後センターで飼っていた豚での豚コレラ感染が判明した。

 農水省が調査したところ、適切な消毒をせずに両方のエリアで共通の重機を使っていたことが判明。イノシシが掘った穴を重機で整地することもあったという。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索