ミャンマー、一方的裁判続く ロイター記者逮捕から1年

ミャンマー、一方的裁判続く ロイター記者逮捕から1年

 ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャに関する極秘資料を警察から不法に入手したとして、国家機密法違反の罪で禁錮7年の判決を受けたロイター通信のミャンマー人記者2人が逮捕されてから12日で1年。2人が取材していた「国軍によるロヒンギャ殺害」という事実には目を背け、2人を断罪するための一方的とも思える裁判が続いている。

 「判決は間違っている。『警察によって仕組まれたわな』という重要な証拠を無視している」と、ロイター幹部は11月5日に声明を発表。ワ・ロン記者(32)とチョー・ソー・ウー記者(27)は同日、禁錮7年の判決を不服として控訴した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索