徴用工問題、企業に補償協議要請 原告代理人・支援者ら会見

徴用工問題、企業に補償協議要請 原告代理人・支援者ら会見

 【ソウル共同】戦時中に日本の軍需工場などで働かされたとして、日本企業を相手取って損害賠償訴訟を起こしている韓国人の元徴用工や元朝鮮女子勤労挺身隊員らの代理人弁護士や支援団体が18日、ソウルで記者会見し、日本企業側に原告らに対する補償を巡る協議に応じるよう求めた。

 支援団体メンバーからは、韓国最高裁から賠償を命じられた新日鉄住金の資産を売却する強制執行に踏み切るかどうかについて「待ってばかりはいられない。検討中だ」と警告する発言も出た。

 金世恩弁護士は、一連の訴訟が「(日韓の)外交的懸案としてばかり扱われている」と指摘した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索