小笠原諸島周辺を海洋保護区に 環境省、国際目標にめど

小笠原諸島周辺を海洋保護区に 環境省、国際目標にめど

 海の生態系の保全を強化するため環境省は21日、小笠原諸島(東京都)周辺の海底域を「海洋保護区」に加える方針を決めた。これで、2020年までに自国が管轄する海域の10%を保護区とする国際目標の達成にめどが付くとしている。一方、既存の保護区のほとんどは水産資源保護が主な目的で、環境団体からは「生態系を守れるのか疑問」と制度の実効性を懸念する声が上がる。

 海洋保護区は国際的に統一された定義がなく、政府は漁業法の共同漁業権区域なども含まれるとの立場。既に8.3%の海域が保護区とされているが、9割以上に当たる8.1%は共同漁業権区域など水産資源保護の制度に基づく。


関連ニュースをもっと見る

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索