国連、イスラエル主権「認めず」 ゴラン高原の米承認で

 【ニューヨーク共同】国連のドゥジャリク事務総長報道官は25日の定例会見で、トランプ米大統領がイスラエルの主権を認める文書に署名したイスラエル占領地ゴラン高原について、イスラエルの主権を否定した1981年の安全保障理事会決議を支持する「国連の立場は変わっていない」と改めて強調した。

 グテレス事務総長がトランプ氏やイスラエルのネタニヤフ首相と接触する予定はないと語った。

 安保理は81年、イスラエルのゴラン高原併合決定は「無効で国際法上の効果はない」とし、決定撤回を要求する決議を全会一致で採択した。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索