スイス、銃規制強化へ テロ対策で国民投票可決

スイス、銃規制強化へ テロ対策で国民投票可決

 【ジュネーブ共同】スイスで19日、テロ防止を目的とする欧州連合(EU)の銃規制強化策を採用するかどうかを問う国民投票が行われ、スイス公共放送が伝えた暫定開票結果では、賛成64%、反対36%で可決された。スイスはEU非加盟国だが、加盟国を中心に域内の出入国審査を撤廃したシェンゲン協定に加盟しており、治安対策上、EUが採用を求めていた。

 スイスは国民皆兵制を取っており、兵役終了後、銃を自宅に保管している例も多い。スポーツとしてのライフル射撃や狩猟も盛んで、保守派には銃規制への抵抗感が強いとされる。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索