はやぶさ2、着陸目印を月末投下 降下中止は高度計の異常

はやぶさ2、着陸目印を月末投下 降下中止は高度計の異常

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は22日、探査機はやぶさ2による小惑星りゅうぐう表面への2回目の着陸に向け、29〜30日に降下し、人工クレーター周辺に目印のボールを投下すると発表した。

 はやぶさ2は15〜16日、ボール放出のために表面へ接近したが、高度50メートルで自主的に降下を中止した。高度の計測で異常な値が出たことが原因で、JAXAは既に問題を解決したとしている。

 降下の際、予定外だった人工クレーター周辺の地形の詳細な観測に成功したため、今月末にボールが投下できればスケジュールの遅れは生じないという。

 着陸は6月下旬〜7月上旬を予定している。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索