韓国でトキ40羽を初放鳥 日本の首長らも参加

韓国でトキ40羽を初放鳥 日本の首長らも参加

 【昌寧共同】トキの繁殖施設がある韓国南東部の慶尚南道昌寧で22日、トキ約40羽が初めて放鳥された。韓国では、1979年に目撃されたのを最後に韓国産が絶滅したとみられているが、2008年以降、中国から贈られたトキを360羽まで繁殖させることに成功していた。

 放鳥式は22日の国際生物多様性の日に合わせて開かれ、トキが生息する新潟県佐渡市の伊藤光副市長や、地元自治体の昌寧郡と友好都市の鹿児島県薩摩川内市の岩切秀雄市長、中国の関係者らも参加した。

 出席者らが除幕し、飼育施設のネットが開くと、トキが次々と空に舞い上がった。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索