理論物理学者M・ゲルマン氏死去 「クォーク」の名付け親

 マレー・ゲルマン氏(米理論物理学者)米紙ニューヨーク・タイムズなどによると24日に死去、89歳。

 29年ニューヨーク生まれ。51年マサチューセッツ工科大で博士号、56年カリフォルニア工科大教授。陽子や中性子を構成する素粒子を提唱し「クォーク」と命名。その後、実験で存在が確認された。69年ノーベル物理学賞。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索