東電に45億円賠償命令 ウラン購入契約解除で

 東京電力ホールディングスは16日、カナダのウラン生産大手カメコとの購入契約解除を巡り、国際商業会議所から損害賠償などとして4200万ドル(約45億円)の支払いを命じられたと発表した。

 東電は原発の燃料となるウラン精鉱の購入契約をカメコと結んでいたが、2017年1月に解除を通知。カメコは東電が引き受けない場合は損失が生じるとして、同年5月に国際商業会議所に仲裁を申し立てていた。

 仲裁では契約に従って解除したとする東電の主張は認められなかった。ただ、賠償額がカメコが要求した金額を大幅に下回ったため、受け入れる見込みだ。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索