ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

 生協の組合員向けに食品などを販売する生活クラブ連合会(東京)が扱っていた犬や猫用のペットフードから、サルモネラ菌や大腸菌群が検出されていたことが23日分かった。すでに販売は中止しているが、14匹の犬が死ぬなどの被害が出た。仕入れ先の製造工場などを調べたが、汚染の原因は分かっていないという。

 問題があったのは「犬・猫用ササミ姿干し 無塩」で、北海道栗山町の工場で製造されていた。18年4月から約4万7千個を販売し、19年1月以降、ペットに嘔吐や下痢などの被害の相談があり、3月に販売を中止した。

 調査によると、計68匹の犬と猫に症状が出て14匹の犬が死んだ。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索