トランプ氏、「敵地」の加州入り 民主党の牙城、環境で対立激化

トランプ氏、「敵地」の加州入り 民主党の牙城、環境で対立激化

 【ロサンゼルス共同】トランプ米大統領が17日、西部カリフォルニア州サンフランシスコなどで、来年の大統領選に向けた選挙会合や資金集めのイベントに参加した。同州は民主党の牙城で、移民対策や環境問題などで政権と激しく対立する「敵地」。物々しい交通規制が敷かれた宿泊地のロサンゼルス中心部などでは、訪問に反発する抗議デモが行われた。

 米メディアによると政権は18日にも、同州が導入を目指し、ホンダや米フォード・モーターなど自動車大手4社と7月に合意した独自の排出ガス削減基準について無効と発表する予定で、対立の激化は必至だ。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索