エボラ疑いの情報提供せず WHOがタンザニア非難

 【キンシャサ共同】世界保健機関(WHO)は21日、アフリカ東部タンザニアでエボラ出血熱の感染が疑われる事例があったにもかかわらず、同国政府がWHOに情報を提供していないと非難する声明を発表した。タンザニア政府は、エボラ熱の感染者は出ていないと主張している。

 WHOによると、最大都市ダルエスサラームでエボラ熱の疑いにより患者が死亡したとの非公式の情報が10日にもたらされた。11日には、この患者から陽性反応が出たとの情報も入ったという。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索