趙紫陽氏、死後14年で遺灰埋葬 天安門事件で失脚、名誉回復なく

趙紫陽氏、死後14年で遺灰埋葬 天安門事件で失脚、名誉回復なく

 【北京共同】中国当局が民主化要求デモを武力弾圧した1989年の天安門事件で失脚した故趙紫陽・元共産党総書記の遺灰が18日、北京市郊外の民間墓地で家族により埋葬された。死去から14年たって実現した。天安門事件から6月で30年となり、家族は趙氏の名誉回復を求めるが、習近平指導部が再評価に動く可能性は低いままだ。

 趙氏は軟禁状態のまま2005年1月に死去した。党幹部は通常、北京の「八宝山革命公墓」に埋葬されるが当局は認めず、遺灰は13年に死去した妻の遺灰と共に北京市内の旧宅で保管されていた。

 埋葬は近親者のみで内密に行った。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る