トランプ氏、来年のG7会場変更 一族所有の施設使用に激しい批判

トランプ氏、来年のG7会場変更 一族所有の施設使用に激しい批判

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は19日、来年の先進7カ国首脳会議(G7サミット)を南部フロリダ州マイアミ近郊にあるトランプ一族所有のゴルフリゾート施設で開催するのをやめたとツイッターで明かした。公私混同や利益誘導などと激しい批判が出ており、新たな会場を早急に探すとしている。

 候補地として首都ワシントン近郊の大統領山荘キャンプデービッドの可能性にも触れた。

 トランプ氏はツイッターで「トランプ・ナショナル・ドラルを使うのはわが国のために非常に良いことだと思った。国際空港のそばで、広くて会議場もたくさんある」と強調した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る