離脱採決、英下院議長が不許可 期日延期の可能性高まる

離脱採決、英下院議長が不許可 期日延期の可能性高まる

 【ロンドン共同】英国の欧州連合(EU)離脱を巡り、英下院のバーカウ議長は21日、EUとの離脱合意案の同日中の採決を認めない考えを示した。ジョンソン首相は下院で19日に合意案採決が保留とされたため改めて採決に持ち込むことを提案したが、議長は拒否した。ジョンソン氏は10月末の離脱を最後まで諦めない意向。しかし残り日数は少なく、期日延期の可能性が一段と高まった。

 バーカウ議長は不許可の理由として、既に19日に合意案の審議を終え、関連法案の立法手続きが終わるまでは採決を保留すると下院で議決済みであることなどを挙げた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る