日韓情報協定失効は「利益ない」 米国務省高官、早期対話求める

日韓情報協定失効は「利益ない」 米国務省高官、早期対話求める

 【ワシントン共同】米国務省高官は15日、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)が約1週間後に失効する可能性が強まっていることを受け、記者団に「(失効すれば)米国と日韓両国いずれの利益にも反する」と訴え、協定維持に向けて日韓が早急に対話すべきだとの考えを示した。

 スティルウェル国務次官補(東アジア・太平洋担当)は同日、ワシントンで韓国の李秀赫駐米大使と初会談。日米韓が緊密に連携して北朝鮮や中国の動きに対応するため、韓国側に協定破棄の決定を見直すよう改めて求めたもようだ。

 米高官は「緊張緩和や解決策を探る取り組みには関与し続ける」と述べた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る