「緒方さん功績」を強調 石兼・新国連大使が着任

「緒方さん功績」を強調 石兼・新国連大使が着任

 【ニューヨーク共同】石兼公博新国連大使は19日、米ニューヨークでの国連安全保障理事会の公開会合で演説し、10月に死去した元国連難民高等弁務官の緒方貞子さんに触れ「日本は緒方さんの功績の上で、荒廃した地域での和解実現に取り組んできた」と強調、和解の過程に「現場の当事者の声を反映させる」重要性を訴えた。

 石兼氏は19日、国連本部でグテレス事務総長に信任状を提出し、正式に着任した。今回が国連大使として初の安保理会合。

 石兼氏は1981年外務省入省。総合外交政策局長などを経て2017年9月から駐カナダ大使を務めた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る