日立、がん治療装置納入 北米初の重粒子線

 【ニューヨーク共同】日立製作所は19日、がん治療に使われる重粒子線治療システムを米大手総合病院「メイヨー・クリニック」に納入することで基本合意したと発表した。2020年3月末に正式な受注契約を結ぶ見通し。日立によると、重粒子線治療が北米で導入されるのは初めて。

 重粒子線治療は、炭素イオンをがん細胞に照射して破壊する治療法。ピンポイントで病巣に照射するため、副作用が少なく、先進国を中心に利用拡大が見込まれている。

 日立は、メイヨーが南部フロリダ州に置く病院向けに治療システムを納入する予定。受注額は明らかにしていない。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る