英最大野党、国民投票を公約 政権奪還後、EU離脱巡り

英最大野党、国民投票を公約 政権奪還後、EU離脱巡り

 【ロンドン共同】欧州連合(EU)離脱問題が最大の争点となる12月の英総選挙に向け、最大野党の労働党は21日、マニフェスト(政権公約)を公表した。政権奪還後、3カ月以内にEUと新たな離脱条件の合意を結び、6カ月以内に国民投票を実施するとした党方針を改めて掲げた。

 労働党にはEU残留派が多いが、コービン党首が残留に懐疑的と指摘されるほか、離脱を望む有権者が多い選挙区が地盤の候補者も抱える。このため離脱問題で明確な方針を示していないとして、来年1月末までの離脱を約束するジョンソン首相が批判している。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る