GSOMIA、最終判断へ 日韓、水面下で大詰め協議

GSOMIA、最終判断へ 日韓、水面下で大詰め協議

 【ソウル共同】韓国政府は22日、失効期限が23日午前0時に迫る日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)を予定通り破棄するかどうか、最終判断する。韓国政府は22日夕、態度を表明する見通し。日韓関係筋によると、両国は22日も失効回避を目指し水面下でぎりぎりの交渉を続けている。日本の輸出規制強化撤回を求める韓国と、協定と輸出規制は別問題と主張してきた日本が妥協点を見いだせるかが焦点になる。

 協定失効は、北朝鮮の核・ミサイル開発に対する日米韓の軍事的な連携のほころびを象徴する事態になる。米国は韓国に協定破棄の撤回を求め圧力を強めている。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る