香港人権法案署名で明言避ける 米大統領、対中協議の影響見極め

香港人権法案署名で明言避ける 米大統領、対中協議の影響見極め

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は22日、香港の高度な自治を保障する「一国二制度」を中国が守っているかどうか米政府に毎年検証を求める「香港人権・民主主義法案」に署名するか拒否権を発動するかどうか明言を避けた。中国は法案に猛反発し成立すれば報復措置を取る構えで、対中貿易協議への影響を慎重に判断しているようだ。

 トランプ氏はFOXニュースのインタビューで「香港を支持しなければならないが、私は習近平中国国家主席も支持している。彼は友人で、素晴らしい人物だ」と強調した。同時に「われわれは史上最大の貿易協定の交渉過程にあり、実現できたらすごいことだ」と語った。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る