【マドリード共同】映画刷新運動ヌーベルバーグをけん引したジャンリュック・ゴダール監督の代表作「気狂いピエロ」で主演を務めたフランスの女優アンナ・カリーナさん14日、パリの病院でがんのため死去した。79歳だった。同国メディアが伝えた。

 1940年デンマーク生まれ。女優になろうと10代後半でパリに移り、モデルとしてキャリアを開始。アンナ・カリーナは芸名で、高級ブランド、シャネルの創設者ココ・シャネルが付けた。

 60年代に「気狂いピエロ」などに出演。ヌーベルバーグの女神的な存在となった。歌手としては、故セルジュ・ゲンズブールさんの作品を歌いヒットした。