東京都は30日、新型コロナウイルスの感染者が新たに194人報告されたと発表した。9月の累計は4921人となり、月ごとでは8月の8126人、7月の6466人に次いで3番目に多く、緊急事態宣言が出された4月をなお上回る水準。90代女性の死亡も判明し、死者の累計は408人となった。

 順天堂大医学部付属練馬病院では30日までに医師や看護師、患者ら計40人の感染が判明。病院によると、予約のない新規の外来診療や入院は中止とした。

 新規感染者のうち、20代が46人で最も多く、30代が44人、40代が32人だった。経路が不明なのは95人。